ドローン撮影 空撮サービス

竣工写真・動画撮影

新社屋の竣工を写真や動画に

記念すべき新社屋の竣工時にドローンを使いあらゆる角度から建物全体の記念撮影を行いませんか?

これまでの竣工撮影と言えば建物を正面や斜めの構図で撮影することが一般的でしたが、ドローンを利用すると真上や斜め上と言ったこれまでに無かった視点からも写真や動画を残すことが出来ます。
また、ドローン以外にも360度カメラなども駆使して建物内部の間取り紹介も加え、オリジナリティに富んだ記念動画の制作も可能です。
作成した動画は社内で共有して従業員のエンゲージメント向上や外部へ公開して取引先へのイメージ向上等にもご活用頂けます。

JA福井県 嶺北米穀低温集出荷施設ドローン撮影

安心安全なサービスをご提供

ドローンは航空法において「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義された「無人航空機」に分類され、航空法の適用を受けます。(ドローンの中でも200g未満(令和4年6月20日以降は100g未満)のものは「模型航空機」に分類され「無人航空機」としての規制は受けません)

ドローンはその特性から有人の航空機に衝突する恐れや落下した場合に地上の人などに危害を及ぼす恐れが高い以下の空域における飛行が原則禁止されており、これらの空域においてドローン空撮を行う場合は事前に許可を得る必要があります。

 ①地表又は水面から150m以上の高さの空域
 ②空港やヘリポート等の周辺の空域
 ③捜索や救助など緊急用務を行う空域
 ④人口集中地区の上空
(それぞれの詳しい説明は割愛)

令和4年6月から100g以上の無人航空機(ドローン・ラジコン等)について国土交通省への機体登録が義務化されるなど、ドローンの飛行については事故等の原因究明や安全上必要な措置の確実な実施の為に規制が強化されております。
当社では法令遵守は勿論、事前に十分な打合せを行い撮影場所の規制や環境を調査した上でお客様にご安心頂けるサービスの提供を心掛けております。

撮影費用

撮影基本料金 70,000円/件 フライト1H、現地拘束2Hを含む
クルー人件費 35,000円/日 撮影補助クルー1名
諸経費 30,000円/件 京阪神間の移動・交通費を含む
動画編集費 別途見積 内容による

※特殊な機材の使用、遠方への出張撮影、現地下見(ロケハン)、特殊な飛行申請が必要な場合など上記以外に別途費用が掛かります。詳しくはお問合せ下さい。

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ